DJランキング1位のMartin Garrix(マーティンギャリックス)とは一体何者!平昌オリンピックでも演奏した若き天才

最近、さらに勢いづいている洋楽ブーム。それを支えるDJ達のマニアックなところまで紹介していこうと思った今日この頃。

今回は、誰しも一度は聞いたことのあるアニマルズを作ったMartin Garrix(マーティンギャリックス)を紹介していきます^^

こんちゃ!くまさんです( ´艸`)洋楽LOVE全開でやっていきます!!

1.基本情報

1.曲のスタイル

まずはこの二つの曲を聴いてください。

サビの部分がとても対照的ですよね。

一曲目はサビでテクスチュアが増えて盛り上がる、いわゆるHouse music(ハウスミュージック)というものです。

二曲目はサビでテクスチュアが減り盛り上がる、いわゆるDeep house music(ディープハウスミュージック)というものです。

それぞれに良さがあり、どちらにも多くのファンがいます。世の中の大体のEDMはこの2つからなっているのですが、Martin GarrixはDeep house music(ディープハウスミュージック)の道を切り開いた人なのです。

上の動画のAnimalsがTHEディープハウスって感じですね。また、Martin Garrixの代表曲でもあります。

サビでテクスチュアが増え、音圧が上がるわけでもないのに盛り上がるDeep houseって不思議ですね( ´艸`)

曲調は全体的にガツガツしていて、Martin Garrixの若さが出ていますが、一部ではヴァイオリンを主に使うなど、幅広いスタイルの持ち主です。

2.生い立ち

Martin Garrixは1996年にオランダで生まれました。

4歳でギターを習い始め、音楽への関心を持つようになり、8歳の時には、2004年のアテネオリンピックでDJ演奏をするTiestoの姿を見て、DJになる夢を持ったそうです( ´艸`)

凄すぎじゃないですか!?(笑)8歳の時に持った夢を実現させるなんて、、、、才能と努力に溢れた方ですね><

16歳でオランダのレコードレーベル会社スピニンレコードからソロアルバムとして「アニマルズ”Animals”」をリリースしました。

この曲は、ヨーロッパにおいて大きなヒットソングとなり、瞬く間に若者を魅了して、大手音楽配信会社でDL数一位を獲得しました。これにより、Martin Garrixの名前は世界により広がりました。

18歳でDJランキング3位にランクインしました。スピニンレコードを脱退して、Martin Garrix自身のレーベルスタンプ レコード(STMPD RCRDS)を設立しました。

自分のレーベルを持つなんてすごすぎる。。。( ´艸`)

その一年後、DJランキングに自身最高位となる1位でランクインし、 そして1位記念として7日間連続のトラックリリースをしました。

DJランキング2017年でもランキング1位を維持し、成功を収めています。

2018年の平昌オリンピックでは、DJ演奏を披露し、多くの観客を魅了しました。

これに関しては、多くの方が認知されているかと思います。知っている方がテレビなどで見たら、興奮しましたよね!!?( ´艸`)

2018年現在21歳。若く、これからの活躍に期待です!!

2.気になる年収

2017年の年収は、21億円です。DJランキングでは1位なのですが、年収ランキングでは、9位と低いですね。

これには、やはりデビューしてから若いというのもあり、人気はあるのですが、旨く収益と結び付けれていないのが現状です。

ランキングはこちら

1位:Calvin Harris 4850万ドル(約53億円)
2位:Tiësto 3900万ドル(43億円)
3位:The Chainsmokers 3800万ドル(42億円)
4位:Skrillex 3000万ドル(33億円)
5位:Steve Aoki 2950万ドル(32億円)
6位:Diplo 2850万ドル(31億円)
7位:David Guetta 2500万ドル(27億円)
8位:Marshmello 2100万ドル(23億円)
9位:Martin Garrix 1950万ドル(21億円)
10位:Zedd 1900万ドル(20億円)

3.彼女はいるのか!?

Martin Garrixはシンガーソングライター兼ファッションモデルのDua Lipaとの交際をしているという噂が大変濃厚、広く広まっていました。

しかし、Martin Garrix自身のInstagramで、新しいガールフレンドのCharelle Schriekと交際している様子が掲載されました。

Charelleさん(@charelleschriek)がシェアした投稿 – 🇪🇸

Charelleさん(@charelleschriek)がシェアした投稿 – Martin GarrixCharelle Schriekは過去8ヶ月間の交際をしていたそうですが、Instaagramに記事を掲載したのにもにもかかわらず、両者は物事を静かに保つことができました。

一件落着って感じですね。Martin Garrixと交際できるなんてうらやましすぎます><;

ということで、現在交際中の方は、Charelle Schriekで間違いないでしょう。

4.これだけは絶対に聞くべき曲

1.Animals

Martin GarrixAnimals!

Martin Garrixを有名にし、数々のライブで流されているノリノリのDeep house music(ディープハウスミュージック)。。。。神曲ってこのことですね( ´艸`)

2.Scared To Be Lonely

交際の噂が流れたDua Lipaが歌い手に採用されています。House MusicDubstep Musicとはまた違う、雰囲気が特徴的です。ライブでは終盤に流されることが多いですね。EDMの同じ調子が飽きた。。。という方にお勧めの曲となります。

3.The Only Way Is Up

Martin GarrixにDJの夢を与えた超人気DJ,Tiestoとのコラボ曲です。

二方の良いところがあふれている曲ですね。ライブでもよく流される曲なので、必見です!

因みに、MVではTiestoディヴィジョンと書いた服を着ています(笑)

4.Byte

ライブで一番かっこいいといっても過言ではないほどアゲアゲな曲です。

この一言に尽きます。ライブではオリジナルバージョンと、幾つかのremixバージョンが流されるのですが、どれも鳥肌が立つほど盛り上がる曲です!!

5.まとめ

いかがだったでしょうか?現在DJランキング1位のMartin Garrix(21歳)には健康管理等しっかりして、長く活躍してほしいですね^^

ライブでは、毎回汗を大量にかいており、とても音楽に熱い男だということがわかりました(笑)

ほかにも様々なDJの調査をしているので、よかったら見てくださいね^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!くまさんってことでネットに存在してます。(中一から)現在は学生で、自分の国語力向上のために、無料ブログに日記を書き始めたのが始まりです^^趣味はサイクリング、釣り、PCですぃ。夏はツーリングの事でも書きたいな!冬はインドア夏はアウトドア系男子(になりたい)。中学の時にゲーム実況してたってのはナイショの話。気軽にコメントよろしくね(*゚▽゚)ノ今のYTチャンネルは超適当です;w;アイコンは実況時代のファンの方に書いてもらいました:D