ブログを簡単に作れるWordPressとは?導入から初期設定まで解説

ブログ

この記事では、ドメインとレンタルサーバーを用意して、いざブログを開設しようとしている人向けに、WordPressの導入から初期設定までを解説します。

まだドメインやレンタルサーバー等の契約をしていない場合は、こちら↓でまとめて解説していますので、ご覧ください。

≫【有料級】ブログの始め方〜月5万円稼ぐまでに必要なもの全て

WordPressの導入から初期設定

そもそもWordPressって何?という感じだと思うのですが、無料で簡単に使うことが出来ますので、ご安心ください。

WordPress(ワードプレス)とは

世界中のウェブサイト(ブログ)のほとんどは、このWordPress(ワードプレス)を利用して、記事を書いたりブログを運営しています。

WordPress(ワードプレス)とは、簡単に言えばブログを作るための骨組みのようなものです。

本来、ウェブサイトを作るときはHTMLやCSS、JavaScript、PHP、Ruby、、、等々のプログラミング言語を使わないといけないのですが、このWordPressを導入してしまえば、プログラミングについて全く分からなくても、簡単にブログを開設することが出来ます

WordPressはブログ運営には必須のツールなんだね。

実際にこの記事を書いている画面はこのような感じになっています。

書きやすいし分かりやすいね!

 

しかし、WordPressを使用しないで、ウェブサイトに記事を追加しようとすると、、、

訳が分かりませんよね。これはHTMLというプログラミングの初歩の初歩なのですが、それでもハードルが高いです。

 

 

 

なので!!!WordPressを導入して簡単にウェブサイトの運営をしようというわけです。

更に少し先の話になりますが、WordPressは非常に最適化されていますので、ブログのアクセスを伸ばしやすく、収益を得やすいというわけです。

WordPressの導入

それでは早速ウェブサイトにWordPressを導入していきましょう。

WordPressは世界中で利用されており、もっとも人気のCMS(骨組み)となっていますので、ほとんど全てのレンタルサーバーから導入する事が出来ます。

今回は、≫人気格安レンタルサーバー5つを解説&比較!で紹介した、ConoHaレンタルサーバーを使って解説します。

他のレンタルサーバーについても同様の手順で導入可能です。

1.対象のドメインを選択

まずはサイト管理から切り替えをクリックし、WordPressを導入したいドメインを選択します。(今回はテストで取得したahotarou.xyzを使用します)

2.WordPress導入と設定

次にWordPressを導入していきます。

↓下は導入時の設定ですが、ほかのレンタルサーバーでも似たような感じです。

それぞれ〇パクリでOKです。

下の方の、WordPressテーマインストールについては、今回ConoHaレンタルサーバーでは無料テーマのCocconをインストールできますが、後でも簡単にインストールが出来るので、どちらでも良いです。

(今回の解説では、利用しない態で進めていきます)

3.導入できたかの確認

数分待ったのち、ウェブサイトにアクセスをするとこの様な表示になっていると思います。

これはWordPressが正常に導入されており、何も設定していない初期の状態です。

もしここで、サイトが表示されない場合は、再度導入し直して下さい

アクセスするべきURLはConoHaレンタルサーバーの場合は以下の通りに表示されています。

他のレンタルサーバーでも同様です。

URLは基本的にhttp://〇〇〇.〇〇/となっています。

WordPressの初期設定

WordPressの導入が正常に終わったので、次は基本的な必須設定を行っていきます。

1.Adminページ(管理者画面)にアクセス

http://〇〇〇.〇〇/ にアクセスしただけでは、何も変更を加えることが出来ず、ただ眺める事しかできません。

次はAdminページ(管理者ページ)にアクセスをして、実際にWordPressの設定(ブログの設定)をしていきましょう。

http://〇〇〇.〇〇/wp-admin、もしくはhttp://〇〇〇.〇〇/admin、にアクセスしてみましょう。(ここのアドレスはレンタルサーバーによって異なります)

そうするとログインを求められますので、先ほどレンタルサーバーからWordPressを導入する際に設定した、ユーザー名とパスワードを入力しましょう。

ログインに成功すると、上のような画面が表示されます。

こちらがWordPressの画面(管理画面)となります。

これから先ずーっとお付き合いしていく事になります。

2.WordPressのパーマリンクを設定しよう

次に必ず変更するべき点のパーマリンクですが、そもそもパーマリンクって?という感じだと思うので、解説していきます。

パーマリンクとは「Webサイトのページ毎に設定しているURL」のことです。

上のURLでは、登校日が自動で入力され、記事タイトルに関しても自動で入力されるというものです。

これは分かりやすくて良い!と感じるかもしれませんが、実はあまり良くないのです。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用:Google「シンプルなURL構造へ」

何故Googleからの引用かと言いますと、ブログ運営は全てGoogle様に左右されているのです。収益もアクセスも内容も方針も、、、とにかく、不正をしないで読み手の事を思った記事を作成すれば、問題ありません。

つまり、URLは出来るだけシンプルかつ読んでわかる物が良いという事です。

例えばこの記事では→https://kumahome.jp/install-wordpress/ このようなURLになっていますが、読んでわかりやすいですよね。

kumahome.jpというサイトの、WordPressをinstallする内容が書かれている記事だという事が、URLから分かります。

これを設定するためには、WordPressのパーマリンク設定を変更する必要があります。

管理画面の左側の設定をクリックし、パーマリンクをクリックします。

次にカスタム構造を選択し、/%postname%/ と入力して保存します。

これでパーマリンクの設定は完了です。

今回は、記事ごとに自由にURLを決めれるような設定にしました。(多くのブロガーがこの設定です)

3.ブログの名前とキャッチフレーズアイコンの設定

外観→カスタマイズを選択

サイト基本情報をクリックして、それぞれ入力していきます。

  • ロゴは基本的にサイトの上(タイトル的な)感じで表示されます。これは後ほど試行錯誤しながら設定していきましょう。
  • サイトのタイトルは短くてキャッチーなものが良い(僕のサイトではくまほーむ)
  • キャッチフレーズはあまり意識されてないが、サイトの内容が分かるものが良い(僕のサイトでは貧乏学生のボヤキ)
  • サイトアイコンは、書かれている通りスマホのアイコンになったり、検索した時にちっちゃく四角で表示されたりするものです。こちらも後ほど試行錯誤しながら設定していきましょう。

↑サイトアイコンはこのような感じで表示されます。(これは著作権に引っかかるのでダメな例です)

WordPressの導入から初期設定まとめ

今回は、WordPressの導入方法と、初期設定を解説しました。

これから先はこのWordPressをカスタマイズしながらブログ記事を書いていく事になりますので、しっかりと慣れていきましょう。

慣れれば簡単ですし、設定が大変なのは最初だけですので頑張りましょう。

まだドメインやレンタルサーバー等の契約をしていない場合や、伸びる記事の書き方、ブログの運営方法全般については、下↓の記事をご覧ください。

≫【有料級】ブログの始め方〜月5万円稼ぐまでに必要なもの全て

タイトルとURLをコピーしました