【完全保存版】PM2.5の適切な対処方法と、発生の原因や人体への影響まとめPM2.5排出量第一位は中国じゃなかった!

こんちゃ!くまさんです( ´艸`)

外がなんか白い?霧かなーー。それ、PM2.5の可能性大です。。

今回は、度々外国から流れてくるPM2.5の適切な対処方法や人体への影響をまとめました!

1.PM2.5って何?

1.大きさと名称

2.発生原因

3.一番排出している国とその理由

1.大きさと名称

粒子状物質て言って、そのうち粒子径が概ね2.5μm以下のものを、PM2.5ってまとめて言ってるんだよね。

だから、PM2.5と言っても、黄砂かもしれない!!って思うかもしれないけど、そうじゃない。黄砂は0.5~5μmで少し大きい。(髪の毛の太さは 80μm)

日本では訳語として「微小粒子状物質」って言われてるけど、日本でしか通じないので、専らPM2.5と呼んでいるんだ。微小粒子と言うだけあって、ミリ単位で大きさを表すと、0.0025mm!!髪の毛は0.08mm)

そして最大の特徴は、粒子が小さくて軽いから、黄砂の倍遠くへ飛んで行くんだ><;日本は、そもそも中国等に近く、何でもかんでも飛んできます(笑)

2.発生原因

PM2.5=中国!!そう思う方も多いかと思います。強ち間違いでないです。よくテレビとかで、中国の霧がかかった映像が流れるかと思います。あれには、黄砂など色々混ざっているのですが、PM2.5ももちろん含まれています。(PM2.5というものはなく、あくまで大きさが、空気中の粒子の中でも、めちゃめちゃ小さいもののことを指します。

発生源としては、焼却炉などのばい煙を発生する施設、工事現場のような粉じんを発生する場所、自動車、等の人為的なものから自然発生するものまで幅広いです。。。

とにかく、体に良いものではなく、沢山の発生原因があり、発生を根絶するのは到底不可能なものだということはわかったと思います。

3.一番排出している国とその理由

やっぱPM2.5を一番出してるのは中国だ!開発を控えろ!確かにたくさん出していますが、一番というわけではないです。

一番出している国は、サウジアラビアカタールエジプトと続きます。

え。。。以外。。。

そう思う方が大半だと思います。何故この順位なのかを説明していきますね^^

1.サウジアラビア

2.カタール

3.エジプト

1.サウジアラビア

世界2位の埋蔵量を持つ国で、石油(原油)をアメリカをはじめ世界中に多く輸出していることが、一番の原因です。石油からの揮発成分が、大気中で変質して微粒子物質(PM2.5)になるんです!!

サウジアラビア自体、開発が進んでいるわけではなく、天然資源に富んでいるが故の仕方のないことだと思います。

サウジアラビア<PM2.5がやばいから石油とかとるのやめるぞ!!

ならないと思いますが、本当に空気がキタナイです。。。天然資源が枯渇している日本が大ダメージを負いますので、サウジアラビアには頑張ってほしいです。

2.カタール

まずは、この地図を見てください

PM2.5大量排出国に大変近いですよね。隣です隣。更に、この地帯は左から右に風が吹いているためPM2.5がポンポン飛んできます(笑)

本当にこれだけが理由なんです。位置関係や風向、資源の有無って本当に大切なことがわかりました。

3.エジプト

エジプトといえば、、、砂漠!!ピラミッド!!

砂漠と言えば、、、黄砂!!

黄砂はPM2.5としてもカウントされますので、国土の大半が砂漠のエジプトは、国土の大半がPM2.5の発生源ということになるわけです。

経済自体は成長していて若者も多く、とても成功している国のように見えますが、若者の数に経済の成長が追いついておらず失業者がとても多いほどなんです><;

2.適切な対処方法

PM2.5を防ぐためにはどうすれば良いかと聞かれたら、マスク!!。。。しか出てこないですよね(笑)

強ち間違いでない、いや本当にマスクしかないんです!!

PM2.5は花粉と違って、有毒なので花粉症対策の様に薬やサプリメント、有効な食べ物はないんです。。。。とにかく体に取り込まないことが大切なんです!

マスクといっても「鼻柱」「ほほ」「あご」の部分が肌と密着していなければ、マスクの隙間からPM2.5が侵入してきます。どうすりゃいいんだ~~って感じですが、そんな方には、オーダーメイドマスクがお勧めです!。。。。オーダーメイドだなんて、、、って感じですよね(笑)じゃあ本当にどうすれば良いの?って感じですが、具体的な対処方法は以下です。

1.取り敢えずのマスクを装着

2.外出時の服の注意点と裏技

3.超効果的な鼻洗浄

鼻呼吸よりも口呼吸のほうがより呼吸器の奥に沈着する傾向があるので、本当に気になる方は、鼻呼吸オンリーで頑張りましょう!(笑)

1.取り敢えずのマスクを装着

さきほども、「鼻柱」「ほほ」「あご」の部分が肌と密着すれば大丈夫と書きましたが、オーダーメイドでなければそれは不可能です。わざわざマスクのオーダーメイドなんてしたくないですよね。。。(笑)

でも、オーダーメイドマスクでなくとも、するとしないとでは歴然の差があるんです。ならするしかない!って感じですが、高いものでなくとも問題ないです。(値段に応じて効果は高くなりますが)

取り敢えずは、業務用などの安いマスクで大丈夫です。気になる方は、高級マスクを購入下さい。

2.外出時の服の注意点と裏技

外出する時には、上着はPM2.5が生地に入り込まない表面がツルツルしたポリエステルなどにするといいです!PM2.5に手や足が生えているわけではないので、さすがに表面がツルツルしていると、食い込むことができず、服につきにくいです。なので、家に持ち帰ってしまうということを未然に防ぐことができます

裏技というのは、帰宅したときに玄関に入る前、に外で服に付いたPM2.5を揺すって落とすことです!出来れば上着は玄関にかけておき部屋の中まで持ち込まないのが望ましいですが、難しいですよね(笑)

3.超効果的な鼻洗浄

食塩を使う方法

20度程度の水500mlに食塩を溶かして、生理食塩水を作り、ペットボトルに満たし、片方の鼻の穴にあてて、やや上向きの姿勢をとり、鼻に注ぎ込みながら「あー」と声をだすと、鼻から喉へ流れ洗うことができます。もう一方も同様に鼻うがいをして、最後に鼻をかめばスッキリします。

食塩を使わない方法

排出させる方法として、両手の平の器を作って水を満たし、鼻を吸って鼻道へ少しの水を入れ、水と一緒に鼻を噛みます。(注意:鼻道に水を入れ過ぎるとむせる)

お子様や女性には、鼻洗浄器がお薦めです、スマートに気持ちよく鼻の内部を洗浄することが出来ます。

実際にやってみましたが、想像以上に難しくて痛かったです><;食塩の比率が悪かったのかやり方が悪かったのかわかりませんが、痛い=効果ありそう!!なので、お勧めします(笑)やりすぎて、鼻やのどを痛めないように注意してくださいね。

3.人体への影響

大きさ0.00025ミリ??小さいから大丈夫!!そんなわけありません(笑)

小さいからこそ体内に侵入しやすく、また花粉と違いとても有害(発生の原因は様々だが基本的に人体に悪影響を及ぼすものが多い)なので、要注意です。

中国発のPM2.5には発がん性物質が含まれているので、これもまた要注意です。中国を恨むのではなく、如何に自分へのダメージを下げようとするかが大切です。

具体的には、死亡率の増加肺機能の低下、重い症状としては肺のへの刺激や呼吸困難肺気腫などがあります。

また一般的に3μm以下の粒子状物質は健康への影響をより多く及ぼすとの報告があるので、PM2.5は余裕で3μm以下ですので、要注意ですね。

アメリカがん学会の研究をもとに、新田氏が7年間追跡調査を行った結果、PM2.5の濃度と、全死亡および心疾患・肺疾患・肺がんによる死亡との間で、有意な関連性が認められている。アメリカではこれらの研究が明らかになったことを契機にPM2.5の環境基準が設定されるに至った。日本でもPM2.5の濃度と肺がんによる死亡との関連性を示唆する研究報告がある。

とのことで、益々怖くなってしまいました。3~6月頃に多くのPM2.5が飛んでくるので、この時期は要注意です。また、PM2.5が多く飛んできた日に雨が降ると、酸性雨になってしまう傾向があるので、要注意です。

4.まとめ

いかがだったでしょうか?実際自分でまとめていて、とても勉強になりました。日本の近くには、大量に排出している国がありますので、日本に住んでる以上は自分で対策をしなくてはいけません。

この記事が、皆さんにとって有益な情報となることを願っています。また後日新たな情報や、完全保存版として保つために最新の対策情報を掲載していこうと思っていますので、よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!くまさんってことでネットに存在してます。(中一から)現在は学生で、自分の国語力向上のために、無料ブログに日記を書き始めたのが始まりです^^趣味はサイクリング、釣り、PCですぃ。夏はツーリングの事でも書きたいな!冬はインドア夏はアウトドア系男子(になりたい)。中学の時にゲーム実況してたってのはナイショの話。気軽にコメントよろしくね(*゚▽゚)ノ今のYTチャンネルは超適当です;w;アイコンは実況時代のファンの方に書いてもらいました:D