【PUBGモバイル攻略】PUBGがFortniteを訴訟!一体何故?

こんちゃ!くまさんです( ´艸`)

今回は、PUBGの大本が、Fortniteの大本のEpic Games訴訟した件について解説していきます。

ドン勝のための最強設定などの、PUBGモバイル攻略記事をたくさん書いているので、良ければ見てね=w=

PUBGモバイル攻略記事まとめ

それでは、やっていくよー!

1.荒野行動も訴訟されている

今回はFortniteに焦点を合わせて話していくつもりですが、荒野行動のことも忘れてはいけません。

PUBGの開発グループPUBG Corporationが荒野行動に訴訟を起こしました

理由については。。。言わずもがな色々PUBGをパクr(参考)にしているんです。

  • 飛行機の
  • 降下時の
  • パラシュートの
  • 射撃
  • アイテムの内容….

オリジナルの要素も沢山あり、荒野行動は荒野行動で楽しいのですが、流石にやりすぎたといった感じでしょうか。

PUBG Corporationは長い期間をかけて荒野行動に訴訟を起こす準備をしていました。

(確実に勝利をおさめ、誤解を生まないようにするためでしょう。荒野行動に沢山課金をした方もいるでしょうから。。)

訴訟を起こされても基本すぐには運営を停止したりすることはありません

任天堂がコロプラの白猫プロジェクトに訴訟を起こした件が良い例でしょう。

あれも白猫プロジェクトは今も健在していることが物語っていますが、やっぱりすぐには消えません。

よって荒野行動についても1年以上は運営停止とはならないでしょう。

(その前にバトルロワイヤル系の波が過ぎるかもしれないと予想しています=w=)


(余談)

実際、荒野行動!って言ってるけど、皆がやってるのKnives outだよね(笑)

今あるかどうかわからないけど、PUBGがスマホに来るぞ!ってなった時に、荒野行動っていうアプリが最初あったんだよね。

僕は最初そっちをやってたんだけど、学校の人みんなKnives outやってて、驚いたゾ。

2.Fortniteを訴訟した理由

PUBGは、2017年3月にリリースされていて、その頃は未だFortniteはありませんでした。

ドン勝!が一躍有名になり、どんどんPUBGは規模を拡大していきました。

そんな中、Epic GamesはFortniteを2017年7月にリリースしました。

その頃は全くの無名、人気のないゲームでした。

しかし、2017年9月に事件は起きました。

Epic GamesはFortniteにバトルロワイヤル要素を取り込んだのです。

そこからチーター対策や、動作の安定で上回るFortniteにPUBGからユーザーが流れて行って、一時期は100万単位でユーザー数に差がありました。

【PUBG攻略】チーターが大量発生中!対象方法は?

上の画像はTwitchの視聴者数を現したものなのですが、やはりFortniteの方がPUBGより人気がありますね。(今は全然ましな方で、前はとんでもない差がありました)

当然Fortniteに人が行くということは、PUBGのプレイ人口が減るわけです。

PUBG関係者は2018年1月ごろにユーザーが激減していってると声明を出しました。

そんな中、Fortniteはユーザーを増やしていき、ユーザー同時接続数が330万人のPUBGの世界記録を上回りました。

その様な状況にPUBG Corporationが黙るわけありません。

PUBG Corporationは2018年1月にEpic Games Koreaに対する差し止め請求を申請したことを確認しました。

Epic Games Koreaは、PUBGのUIとゲームアイテムをコピーしていると非難されています。

ここで重要なのが、Epic Games Korea。。。コリア。。。韓国。。。

そう、訴訟を起こされたのは韓国のみなのです。

だから安心しろ!というか、まあ大丈夫!ってわけです。


(余談)

UI(ユーザーインターフェース)のコピーって仕方のないことだと思うんですよねぇ~(笑)

大体どんなFPSも体力が表示される位置は下だし、マップは右上だし、、、上げればきりはありますが、沢山あります。

ゲームアイテムのコピーに関しては、荒野行動同様、仕方のないことだと思います。

ドリンク系は、シールドとして機能して防具は無いというFortnite独自の感じを出していますので、それについてはクリアだと思いますが、どこかが引っかかったんでしょうね。

(こう考えると、ドリンクを飲むと段々と回復するようになっている荒野行動。。恐ろしや)


PUBG Corporationは、1400億円以上の利益を上げているとのことですが、そのほとんどはゲーム購入時に支払う3300円で上げた利益です。

Fortniteは基本無料プレイであり、課金制です。Fortniteの売り上げは毎月2億円といわれています。

PUBGと比べるとすごい差ですが、毎月2億円ですよ2億円。。。

3.まとめ

いかがだったでしょうか?

今回抑えていただきたいポイントは、

  • 訴えられたのはFortnite作成会社Epic Games Korea
  • 荒野行動も訴えられている
  • 直ぐには消えないので安心して!
  • それぞれ良さがあって面白い!

最後は僕の本音ですが(笑)

これからもPUBGモバイルの攻略記事を書いていきますよ!!

もし、なかなか生き残れないよーー。。。とか、そもそもPUBGってなんスカ?って方へ

生き残るための必須基本知識と立ち回り

これからもYOUのドン勝をサポートできるよう、日々記事を更新していきますので良ければ見てね=w=

PUBGモバイル攻略記事まとめ
それじゃ、ばいばいーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!くまさんってことでネットに存在してます。(中一から)現在は学生で、自分の国語力向上のために、無料ブログに日記を書き始めたのが始まりです^^趣味はサイクリング、釣り、PCですぃ。夏はツーリングの事でも書きたいな!冬はインドア夏はアウトドア系男子(になりたい)。中学の時にゲーム実況してたってのはナイショの話。気軽にコメントよろしくね(*゚▽゚)ノ今のYTチャンネルは超適当です;w;アイコンは実況時代のファンの方に書いてもらいました:D